積み木の画像

積み木の選び方・遊び方         

« 積み木のサイズ(基尺) | メイン | 積み木の色 »

積み木の選び方・遊び方積み木の精度 > 積み木の精度

積み木の精度

精度とは、いかに狂いがなく、積み木の長さ、大きさがキッチリと作られているか、ということです。積み木の精度が大事なのは皆さんも分かると思います。ただし、積み木は木材で作られており、木は積み木になっても呼吸をしています。そういう意味で積み木は生き物なのですが、生きているということは「動く」ということです。

具体的には、湿度や温度によって積み木の長さや形が微妙に変化するのです。また、木には柾目と板目があって、どんなに精度がよい積み木でも正目と板目を並べると環境によって狂いが生じるのです。
積み木にこだわる人は、精度に関してものすごくこだわる方がいます。私も以前はそうでしたが、今はある程度割り切っています。こだわり出すとキリがないからです。そうはいっても、積み木の精度へのこだわりはある程度必要なのですが・・・。

精度が大切なのはいわれれば大事なことと分かると思いますが、おそらく一般の人が積み木を買って精度が気になる人は少ないはずです。ひとつの積み木セットで遊ぶ場合は気にする必要もありません。
しかし、私のように塔や城を作りたいと思った場合、結構な高さになりますので精度の悪い積み木だと積めません。「20個積み上げたい!」と思っても積み木の精度が悪いと、どうしても10個しか積めず、崩れてしまいます。何回挑戦してもできないと、「もう、いいや。積み木は面白くない。」となってしまうのです。

「積み木の精度は何で決まるか」というと材料で決まります。
前述の通り、積み木は木でできている生き物です。
呼吸をしてますし、湿気や乾燥などの環境によって伸縮がおきます。特に日本の場合は湿度が高いのでどんな材料の積み木でも必ず伸縮はおきるのです。だから、多少の伸縮はあってもそれは不良品ということにはならないのですが、できる限り伸縮の少ない木材で、かつよく乾燥させている積み木がよい積み木といえます。
ヒバ、スギ、ヒノキ、カバ、ブナなどいろいろな材質のものがありますが、一般的には北欧のブナがよいといわれています。木のおもちゃの値段は高いものが多いですが、その理由のひとつに木を伐ってから狂いが少なくなるまで数年間乾燥させるという手間があるのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tumikipapa.com/mt/mt-tb.cgi/2

コメントを投稿