積み木の画像

積み木の選び方・遊び方         

« 積み木の形 | メイン | 積み木の面取り »

積み木の選び方・遊び方積み木の量 > 積み木の量

積み木の量

積み木遊びで最終的には何より大事になってくるのが量です。
子どもは積み木で遊ぶとき、最初に積み木の数を数えてから、それにあった積み木遊びを展開するわけではありません。遊んでいるうちに次々と構想が湧いてきて、積み木遊びを発展させていくのです。途中まで作っていよいよ最後の構想に取り掛かってから、ふと気がつくと「積み木が足りない!」。これは結構悲しいことです。

私の世代だと「レゴ(LEGO)」とか「プラレール」「ダイヤブロック」で遊んだ経験がある人が多いと思います。僕は少年時代にどっちにもはまったのですが、遊んでいくうちに作りたいものがどんどん複雑で大きくなってきました。その度にパーツが増えていったのですが、積み木も同じです。

レゴでも積み木でも、初めの1セットでは商品の箱に印刷された写真のものしか作れないことが多いのではないでしょうか。積み木のようなおもちゃの場合「あっ、ここに柱を立てて高くしてみよう」とか「馬ができたから、馬小屋を作ろう」という具合に、作っているうちに創造して発展していくのが面白いし、遊びの醍醐味ともいえます。

積み木の場合、遊びではあるものの学習的な要素も強いので絵本と同じように日常的に増やしていくべきだと考えています。大人が趣味の道具を増やしていくように、子ども(特に幼児)の場合は遊ぶこと自体が仕事なのでそのための道具と考えるべきでしょう。

そこで、よく「初めは何セットくらいあればいいんでしょう?」と質問されることが多いのですが個人的には3セットくらいで十分だと思います。1セットだと本当に発展性が乏しいので積み木遊びの楽しみが分かりません。しかし、初めから大量の積み木を買うのも金銭的に大変なのでそれくらいが適当かと考えています。

でも、積み木がたくさんあると楽しいですよ。
子どもとプラレールで遊んでいて自分がはまっているお父さんとか、いません?
積み木だけでなくこの手のおもちゃはとにかく数があると楽しいです。
それから、積み木を増やす場合の種類(形)ですが、直方体、立方体、直方体の長いやつ(2倍体、とか3倍体という)がいいでしょう。直方体、立方体があると立方体2つで直方体ができる、重さや大きさが同じになる、など学習な要素としてもいいですし、遊びとして何より、使いやすいといえます。

あと、「積み木の形について」でも述べましたが、直方体の長いやつはかなりいいです。縦に高いものを作りたい、とか、横に橋を作りたい、とか大きいものを作ろうとするとする時にはどうしても必要です。何度も申し上げているように遊んでいるうちに「大きいものを作りたい」となるのです。ただし、このパーツは一般的にはあまり売られていないので私の場合は特別注文で作ってもらいました。是非、長いパーツは揃えてみてください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tumikipapa.com/mt/mt-tb.cgi/5

コメントを投稿