積み木の画像

積み木の選び方・遊び方         

« 積み木にはまったきっかけ | メイン | 積み木の選び方・遊び方トップ »

積み木の選び方・遊び方積木の魅力 > 積み木の魅力

積み木の魅力

どこの家でも1つはある積木ですが、では積木の魅力はなんでしょう。

・ 積木は飽きないおもちゃである
・ 積木は安全なおもちゃである
・ 積木は壊れないおもちゃである
・ 積木はみんなで遊べるおもちゃである
・ 積木は遊びが広がるおもちゃである
・ 積木は年齢が違う子が遊べるおもちゃである
・ 積木はルールがないおもちゃである
・ 積木は世界中にあるおもちゃである

私はおもちゃマニアとして、積木ほど万能で長く楽しめるおもちゃを知りません。
もともとおもちゃ好きであった私ですが、正直言ってこれほど積木に嵌まるとは
思いもよりませんでした。
おもちゃ好きといっても、もともとはゲームや模型が好きだったのです。

さて、積木の魅力とは一体なんでしょう。
積木の最大の魅力は「コミュニケーションを広げる」ことだと考えています。
私は自宅を改造し、積木遊びのプレイルームを作って開放しています。
そこで数百人の積木遊びを見てきましたが、会話をしないで積木遊びを
する人を見たことがありません。
積木で遊ぶことで自然と会話が生まれます。

親子で遊ぶときは、お母さんやお父さんが、子どもが積木遊びをする様子を
見ながら「すごいね」「できたね」などと自然とほめ言葉がでます。
子どもが一人で積木遊びをしていても、子どもは積木遊びの成果を見てもらいたい。だから、子どもから「見て!みて!」と話しかけます。
子ども同士で遊んでいても同様です。
年齢の違う子どもたちが積木遊びをすると、子ども同士で、積木を高く積むための方法が考えられていきます。その中で、積木を積む人、積木を持ってくる人、積木のバランスを見る人、といった役割分担が自然とできてくるのです。

このように積木は子どもの社会性を育むおもちゃといえます。
積木遊びにはルールがありません。だからこそ、自然に自分たちで秩序や役割分担ができ、みんなが楽しめるルールをつくるのです。子どもたちが「積木を積む」という同じ目標に向かって、役割やルールをつくっていく様子は大人社会にも当てはまる深いものを感じるのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tumikipapa.com/mt/mt-tb.cgi/12

コメントを投稿